西村商会 公式ブログ第8回

職場環境改善プロジェクト第8回
「プロジェクトオーナー報告会」

西村商会がこれまで取り組んできた「職場環境改善プロジェクト」は、
ついに成果を発表する社長報告会の日を迎えました。

今回のプロジェクトの主要なテーマの一つは「見える化」。
リーダーたちが忙しい業務の合間に知恵を出し合い、汗を流して作り上げた完成形を
まずは見ていただくことになりました。

 

場内の死角やデッドスペースがスッキリと整理整頓され、作業効率が上がりました。
このレイアウトを話し合ったときのテーマの一つは「お客様目線」。
初めて来社されたお客様にも分かりやすいレイアウトが完成しました。

 

場内の掲示物もお客様への案内のために導入されました。
この気遣いが「きちんと管理されている会社」という評価と安心につながり、顧客満足度の向上につながります

手作りの工具ボード。今回のプロジェクトで整理整頓された状態を継続するための工夫です。
作業しやすい環境を整えて終わりではなく、「使ったら元に戻す」というルールを「見える化」しました。
習慣化のための大事な取り組みです。

そして、

ついに報告会が始まりました。壁には田崎氏とリーダーたちの熱い議論の成果が貼りだされています。

限られた時間の中、実現できたことばかりではありませんでした。
できなかったことは今後の課題です。プロジェクトはあくまでキッカケ。
社内環境改善はプロジェクト終了後が本番です。今後も常に改善の意識を持ち、継続することが重要です。

 

整理整頓された状態を継続・習慣化するために不可欠なチェックシート類が完成し、
リーダーによるチェック体制も「見える化」されました。これが今回の最も重要な成果です。
リーダーが率先して社員に働きかけ、習慣として根付くまで日々継続あるのみです。

 

今回のプロジェクトを通して、リーダーたちは社長の思いと、会社が向かうべき方向性を共有することができました。
プロジェクトで得たノウハウは、今日からでもすぐに仕事に活かすことができるものです。
社員一人一人がやりがいを感じながら業務に取り組み、社会に貢献する企業となること。

リーダーたちの新しいプロジェクトが今日、スタートしました!